ザ・クラッシュ » ザ・クラッシュamazonアーティストページ

ザ・クラッシュ|カバーソングとオリジナルソング一覧[アーティスト特設ページ] ザ・クラッシュ



▼  カバーソング一覧  ▼


Time Is Tight ♬ Time Is Tight

  【 タイム・イズ・タイト 】
 ●Booker T. & The M.G.'s 【 ブッカーT・アンド・ザ・エムジーズ 】
【原曲+カバーアーティスト】  Booker T. & The M.G.’s (59) | Die Kitaar man (1) | Johnny Shadow (4) | Los Pekenikes (3) | Los Sprints (1) | På Slaget 12 (22) | Reverend Organdrum (1) | The Shadow Players (2) | ザ・クラッシュ (75) | ・・・アマゾンへ



The Magnificent Dance ♬ The Magnificent Dance

  【 ザ・マグニフィセント・ダンス 】 「iPhone 6で撮影(Hajime I.)」CM使用曲
 ●The Clash 【 ザ・クラッシュ 】 ●演奏アーティスト »  Black Shakespeare (1) | The Lions (2) | ザ・クラッシュ (75) | ・・・アマゾンへ


What’s My Name ♬ What’s My Name

  【 ホワッツ・マイ・ネーム 】
 ●The Clash 【 ザ・クラッシュ 】
【原曲+カバーアーティスト】  Jones Crusher (2) | The Charles Napiers (1) | Thee Headcoats (7) | ザ・クラッシュ (75) | マニック・ストリート・プリーチャーズ (20) | ・・・アマゾンへ


Washington Bullets ♬ Washington Bullets

  【 ワシントン・バレッツ 】
 ●The Clash 【 ザ・クラッシュ 】
【原曲+カバーアーティスト】  Phil Rockrohr (1) | The Ben Gunn Mento Band (1) | ザ・クラッシュ (75) | ・・・アマゾンへ


Version City ♬ Version City

  【 ヴァージョン・シティ 】
 ●The Clash 【 ザ・クラッシュ 】
【原曲+カバーアーティスト】  Tim Krekel (1) | ザ・クラッシュ (75) | ・・・アマゾンへ


Train in Vain ♬ Train in Vain

  【 トレイン・イン・ヴェイン 】
 ●The Clash 【 ザ・クラッシュ 】
【原曲+カバーアーティスト】  Dub Spencer (13) | H2O (5) | Jones Crusher (2) | Knox (4) | The Computers (2) | The Fire (1) | The Sabrejets (1) | Trance Hill (13) | ザ・クラッシュ (75) | スザンナ・ホフス (33) | マシュー・スウィート (26) | ・・・アマゾンへ


Tommy Gun ♬ Tommy Gun

  【 トミー・ガン 】
 ●The Clash 【 ザ・クラッシュ 】
【原曲+カバーアーティスト】  Nick Cash (1) | Special Duties (1) | THE STAR CLUB (11) | ザ・クラッシュ (75) | ・・・アマゾンへ



This Is Radio Clash ♬ This Is Radio Clash

  【 ディス・イズ・レディオ・クラッシュ 】
 ●The Clash 【 ザ・クラッシュ 】
【原曲+カバーアーティスト】  Angela (15) | Twinkle Twinkle Little Rock Star (5) | ザ・クラッシュ (75) | ・・・アマゾンへ


This Is England ♬ This Is England

  【 ディス・イズ・イングランド 】
 ●The Clash 【 ザ・クラッシュ 】
【原曲+カバーアーティスト】  Dub Spencer (13) | Trance Hill (13) | ザ・クラッシュ (75) | ・・・アマゾンへ


The Street Parade ♬ The Street Parade

  【 ザ・ストリート・パレード 】
 ●The Clash 【 ザ・クラッシュ 】
【原曲+カバーアーティスト】  Dollar Store (1) | ザ・クラッシュ (75) | ・・・アマゾンへ


The Sound of Sinners ♬ The Sound of Sinners

  【 ザ・サウンド・オブ・シンナーズ 】
 ●The Clash 【 ザ・クラッシュ 】
【原曲+カバーアーティスト】  Bill Lloyd (4) | ザ・クラッシュ (75) | ・・・アマゾンへ


The Magnificent Seven ♬ The Magnificent Seven

  【 ザ・マグニフィセント・セヴン 】
 ●The Clash 【 ザ・クラッシュ 】
【原曲+カバーアーティスト】  Dub Spencer (13) | Joe Grushecky (1) | Kokolo (1) | T.H.C. (1) | Trance Hill (13) | ザ・クラッシュ (75) | ・・・アマゾンへ


The Leader ♬ The Leader

  【 ザ・リーダー 】
 ●The Clash 【 ザ・クラッシュ 】
【原曲+カバーアーティスト】  Amy Rigby (4) | ザ・クラッシュ (75) | ・・・アマゾンへ


The Equaliser ♬ The Equaliser

  【 ジ・イコライザー 】
 ●The Clash 【 ザ・クラッシュ 】
【原曲+カバーアーティスト】  Sunset Heroes (1) | ザ・クラッシュ (75) | ・・・アマゾンへ


The Crooked Beat ♬ The Crooked Beat

  【 ザ・クロックド・ビート 】
 ●The Clash 【 ザ・クラッシュ 】
【原曲+カバーアーティスト】  Wreckless Eric (2) | ザ・クラッシュ (75) | ・・・アマゾンへ


The Call Up ♬ The Call Up

  【 ザ・コール・アップ 】
 ●The Clash 【 ザ・クラッシュ 】
【原曲+カバーアーティスト】  Chris Whitley (8) | Dub Spencer (13) | The Lothars (1) | Trance Hill (13) | ザ・クラッシュ (75) | ・・・アマゾンへ


Stay Free (The Clash) ♬ Stay Free (The Clash)

  【 ステイ・フリー 】
 ●The Clash 【 ザ・クラッシュ 】
【原曲+カバーアーティスト】  The Thurston Lava Tube (6) | The Upsttemians (1) | ザ・クラッシュ (75) | ・・・アマゾンへ


Spanish Bombs ♬ Spanish Bombs

  【 スパニッシュ・ボムズ 】
 ●The Clash 【 ザ・クラッシュ 】
【原曲+カバーアーティスト】  Brady Harris (1) | Madame Godard (1) | Meghan Arias (1) | Red Soul Community (1) | Thanatos (1) | Tijuana No! (1) | ザ・クラッシュ (75) | ・・・アマゾンへ


English Civil War ♬ English Civil War

  【 イングリッシュ・シヴィル・ウォー 】
 ●The Clash 【 ザ・クラッシュ 】
【原曲+カバーアーティスト】  Steve Lieberman (13) | The Crombies (1) | The Levellers (6) | ザ・クラッシュ (75) | ・・・アマゾンへ


Police On My Back ♬ Police On My Back

  【 ポリス・オン・マイ・バック 】
 ●The Clash 【 ザ・クラッシュ 】
【原曲+カバーアーティスト】  Aspo (1) | Die Toten Hosen (13) | Kriptolites (1) | Micky Fitz (2) | Rundaban Spoiler Party (1) | Saturday’s Child (1) | The Equals (1) | The Levellers (6) | Willie Nile (1) | ザ・クラッシュ (75) | ザ・コルツ (9) | ・・・アマゾンへ
1 2 3 4


  • ■ ザ・クラッシュ

     <解説>  『クラッシュ (バンド)』より : ザ・クラッシュ(The Clash)は、1976年 - 1986年にかけて活動した、イギリス・ロンドンのパンク・ロックバンドである。 セックス・ピストルズと並んで、最も成功したパンクバンドの一つであり、また時代を象徴するロックバンドでもある。デビュー・アルバムは典型的なパンクだったが、徐々にレゲエやダブ、ゴスペル、フォーク、R&B、ロカビリー、ジャズ、スカ、カリプソといった様々な音楽的要素を取り入れ、ついに3作目『ロンドン・コーリング』では独自の個性を確立、シーンに大きな影響を与えた。また、ステージ上での激しいパフォーマンスも人々に記憶されている。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第28位。 1975年、ミック・ジョーンズは“LONDON SS”というバンドで活動し、マネージャーはのちにクラッシュのマネージャーになるバーニー・ローズであった。

<アーティスト名索引>