ディック・ミネ » ディック・ミネamazonアーティストページ

ディック・ミネ|カバーソングとオリジナルソング一覧[アーティスト特設ページ] ディック・ミネ



▼  カバーソング一覧  ▼


1953年(昭和28年) 第4回 紅白歌合戦 ♬ 1953年(昭和28年) 第4回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●水の江滝子 | 高橋圭三 【 ミズノエ タキコ/タカハシ ケイゾウ 】 ●出場アーティスト »  ディック・ミネ (6) | 三味線豊吉 (1) | 三条町子 (2) | 二葉あき子 (11) | 伊藤久男 (13) | 奈良光枝 (9) | 宇都美清 (3) | 小唄勝太郎 (3) | 小畑実 (4) | 岡本敦郎 (8) | 岸井明 (1) | ・・・アマゾンへ



1953年(昭和28年) 第3回 紅白歌合戦 ♬ 1953年(昭和28年) 第3回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●本田寿賀 | 宮田輝 【 ホンダ スガ/ミヤタ テル 】 ●出場アーティスト »  ディック・ミネ (6) | 久慈あさみ (2) | 乙羽信子 (1) | 二葉あき子 (11) | 伊藤久男 (13) | 奈良光枝 (9) | 岡本敦郎 (8) | 平野愛子 (2) | 暁テル子 (4) | 月丘夢路 (1) | 松島詩子 (10) | ・・・アマゾンへ


1954年(昭和29年) 第5回 紅白歌合戦 ♬ 1954年(昭和29年) 第5回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●福士夏江 | 高橋圭三 【 フクシ ナツエ/タカハシ ケイゾウ 】 ●出場アーティスト »  ディック・ミネ (6) | ペギー葉山 (25) | 二葉あき子 (11) | 伊藤久男 (13) | 奈良光枝 (9) | 宮城まり子 (9) | 小畑実 (4) | 岡本敦郎 (8) | 川田孝子 (2) | 春日八郎 (22) | 松島詩子 (10) | ・・・アマゾンへ


1955年(昭和30年) 第6回 紅白歌合戦 ♬ 1955年(昭和30年) 第6回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●宮田輝 | 高橋圭三 【 ミヤタ テル/タカハシ ケイゾウ 】 ●出場アーティスト »  ディック・ミネ (6) | ペギー葉山 (25) | 三浦洸一 (8) | 二葉あき子 (11) | 大谷冽子 (1) | 奈良光枝 (9) | 宝とも子 (5) | 宮城まり子 (9) | 小唄勝太郎 (3) | 岡本敦郎 (8) | 川田孝子 (2) | ・・・アマゾンへ


1956年(昭和31年) 第7回 紅白歌合戦 ♬ 1956年(昭和31年) 第7回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●宮田輝 | 高橋圭三 【 ミヤタ テル/タカハシ ケイゾウ 】 ●出場アーティスト »  コロムビア・ローズ (6) | ディック・ミネ (6) | ペギー葉山 (25) | 三橋美智也 (16) | 中原美紗緒 (7) | 二葉あき子 (11) | 伊藤久男 (13) | 吉岡妙子 (1) | 大津美子 (8) | 奈良光枝 (9) | 宇都美清 (3) | ・・・アマゾンへ


1958年(昭和33年) 第9回 紅白歌合戦 ♬ 1958年(昭和33年) 第9回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●黒柳徹子 | 高橋圭三 【 クロヤナギ テツコ/タカハシ ケイゾウ 】 ●出場アーティスト »  コロムビア・ローズ (6) | ジェームス繁田 (2) | ダーク・ダックス (22) | ディック・ミネ (6) | フランキー堺 (4) | フランク永井 (70) | ペギー葉山 (25) | 三橋美智也 (16) | 三波春夫 (34) | 三浦洸一 (8) | 三船浩 (3) | ・・・アマゾンへ


  • ■ ディック・ミネ

     <解説>  ディック・ミネ(1908年10月5日 - 1991年6月10日)は、徳島県徳島市出身の日本のジャズ・ブルース歌手、俳優。訳詞家・編曲家としては本名の三根 徳一(みね とくいち)を名乗り、第二次世界大戦中の敵性語規制の時代には三根 耕一(-こういち)と名乗った。創成期のテイチクレコードの立役者で、トーキー以降の日活と同社が提携したミュージカル映画をはじめとして映画に多く出演し、その後純然たる俳優としても活躍した。 来歴・人物 戦前・演奏家からシンガー、アクター 東京帝国大学卒の厳格な教育者・三根円次郎を父に持ち、日光東照宮の宮司の娘を母に持つミネは、1908年(明治41年)10月5日、四国に生まれた。幼少期から、音楽好きだった母親の所有していた西洋音楽のレコードに興味を持つ。父親の転勤の影響で、新潟にも転居したこともあったが、上京後、立教大学に入学。在学中から軟派の気風が加わり、次第にダンスホールなどでジャズに傾倒。自らもバンドの一員となり、アルバイトで歌も歌っていた。また、当時としては珍しいスチールギターの演奏が出来たため、レコード会社各社でアルバイト演奏を行い、ミス・コロムビアの歌う『十九の春』の伴奏なども務めた。



<アーティスト名索引>