吉川晃司 » 吉川晃司amazonアーティストページ

吉川晃司|カバーソングとオリジナルソング一覧[アーティスト特設ページ] 吉川晃司



▼  カバーソング一覧  ▼


村上“ポンタ”秀一 ♬ 村上“ポンタ”秀一

  【 マイ・プレジャー 】
 ●村上“ポンタ”秀一 【 ムラカミ シュウイチ 】 ●アーティスト »  N.Y.FRIENDS (1) | Tina (17) | ゆず (20) | キロロ (1) | ケイコ・リー (61) | ゴスペラーズ (29) | 南佳孝 (25) | 吉川晃司 (8) | 村上“ポンタ”秀一 (22) | 槇原敬之 (58) | 福山雅治 (53) | ・・・アマゾンへ



ラ・ヴィ・アン・ローズ ♬ ラ・ヴィ・アン・ローズ

  【 ラ・ヴィ・アン・ローズ 】
 ●吉川晃司 【 キッカワ コウジ 】
【原曲+カバーアーティスト】  吉川晃司 (8) | 大澤誉志幸 (9) | ・・・アマゾンへ


I’m In Blue ♬ I’m In Blue

  【 アイム・イン・ブルー 】
 ●佐野元春 【 サノ モトハル 】
【原曲+カバーアーティスト】  佐野元春 (17) | 吉川晃司 (8) | 沢田研二 (33) | ・・・アマゾンへ


Someday ♬ Someday

  【 サムデイ 】
 ●佐野元春 【 サノ モトハル 】
【原曲+カバーアーティスト】  DJ ARTS (2) | NOKKO (17) | R-CROWN (4) | TOP8 (1) | 中村あゆみ (33) | 佐野元春 (17) | 吉川晃司 (8) | 大黒摩季 (13) | 山下久美子 (19) | 押尾コータロー (15) | 矢野顕子 (59) | ・・・アマゾンへ


せつなさを殺せない ♬ せつなさを殺せない

  【 sestunasa o korosenai 】
 ●吉川晃司 【 キッカワ コウジ 】
【原曲+カバーアーティスト】  N.O.-SYO (11) | SIN (11) | 吉川晃司 (8) | ・・・アマゾンへ


モニカ ♬ モニカ

  【 monica 】
 ●吉川晃司 【 キッカワ コウジ 】
【原曲+カバーアーティスト】  Goatbed (3) | TRT原宿ヤンキースRC (38) | アンドリューW.K. (15) | 吉川晃司 (8) | ・・・アマゾンへ


飾りじゃないのよ涙は ♬ 飾りじゃないのよ涙は

  【 kazarijyanainoyo namidawa 】
 ●中森明菜 【 ナカモリ アキナ 】
【原曲+カバーアーティスト】  Chiyo+ (24) | GO!GO!7188 (18) | ISEKI (22) | JAZZBILLY (1) | MOTORS (3) | PENICILLIN (9) | The Nolans (22) | アンディー・エズリン (27) | チャゲ (9) | 中森明菜 (109) | 井上陽水 (38) | ・・・アマゾンへ



1985年(昭和60年) 第36回 紅白歌合戦 ♬ 1985年(昭和60年) 第36回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●千田正穂 | 森昌子 | 鈴木健二 【 センダマサホ/モリマサコ/スズキケンジ 】 ●出場アーティスト »  C-C-B (7) | シブがき隊 (5) | チェッカーズ (19) | テレサ・テン (48) | 三波春夫 (33) | 中森明菜 (109) | 五木ひろし (76) | 八代亜紀 (86) | 北島三郎 (54) | 千昌夫 (19) | 原田知世 (29) | ・・・アマゾンへ


  • ■ 吉川晃司

     <解説>  吉川 晃司(きっかわ こうじ、1965年8月18日 - )は、日本のミュージシャン、シンガーソングライター、俳優。本名同じ。 広島県安芸郡府中町出身。自身設立の所属事務所、株式会社アクセルミュージックエンターテイメント代表取締役社長。身長182cm。既婚。 1984年、シングル「モニカ」で歌手デビュー。「LA VIE EN ROSE」、「KISSに撃たれて眠りたい」、「VENUS 〜迷い子の未来〜」や布袋寅泰とのユニット、COMPLEXでの「BE MY BABY」などのヒット曲で知られる。デビュー当時は映画に多数出演。一時俳優業からは遠ざかっていたが、2000年の『漂流街』出演以降、しばしば取り組むようになった。 吉川の元の実家は原爆投下まで、現在の広島市中心部、原爆ドームと元安川を挟んで真向かいの場所で料亭を営んでいた。原爆投下1か月前に疎開し難を逃れたが、投下直後に父親は入市したため、入市被爆が認められ吉川自身も被爆二世に当たると言う。父親は若い頃、京都の太秦で大部屋俳優をしていたが、家業を継ぐため俳優を諦め板前になったという経緯を持つ。

<アーティスト名索引>