鳥羽一郎 » 鳥羽一郎amazonアーティストページ

鳥羽一郎|カバーソングとオリジナルソング一覧[アーティスト特設ページ] 鳥羽一郎



▼  カバーソング一覧  ▼


1985年(昭和60年) 第36回 紅白歌合戦 ♬ 1985年(昭和60年) 第36回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●千田正穂 | 森昌子 | 鈴木健二 【 センダマサホ/モリマサコ/スズキケンジ 】 ●出場アーティスト »  C-C-B (7) | シブがき隊 (5) | チェッカーズ (19) | テレサ・テン (44) | 三波春夫 (33) | 中森明菜 (107) | 五木ひろし (76) | 八代亜紀 (84) | 北島三郎 (53) | 千昌夫 (19) | 原田知世 (28) | ・・・アマゾンへ



1988年(昭和63年) 第39回 紅白歌合戦 ♬ 1988年(昭和63年) 第39回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●杉浦圭子 | 和田アキ子 | 加山雄三 【 スギウラケイコ/ワダアキコ/カヤマユウゾウ 】 ●出場アーティスト »  T・M・ネットワーク (12) | ちあきなおみ (12) | タイム・ファイブ (7) | チェッカーズ (19) | チョー・ヨンピル (4) | 中山美穂 (14) | 中森明菜 (107) | 五木ひろし (76) | 五輪真弓 (7) | 佐藤しのぶ (4) | 光GENJI (8) | ・・・アマゾンへ


1989年(平成元年) 第40回 紅白歌合戦 ♬ 1989年(平成元年) 第40回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●松平定知 | 三田佳子 | 武田鉄矢 【 マツダイラサダトモ/ミタヨシコ/タケダテツヤ 】 ●出場アーティスト »  Wink (10) | アラン・タム (1) | キム・ヨンジャ (3) | ザ・タイガース (7) | チェッカーズ (19) | チョー・ヨンピル (4) | パティー・キム (1) | ピンク・レディー (15) | ペギー葉山 (20) | 三波春夫 (33) | 中山美穂 (14) | ・・・アマゾンへ


1990年(平成2年) 第41回 紅白歌合戦 ♬ 1990年(平成2年) 第41回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●松平定知 | 三田佳子 | 西田敏行 【 マツダイラサダトモ/ミタヨシコ/ニシダトシユキ 】 ●出場アーティスト »  B.B.クィーンズ (5) | EVE (2) | G-クレフ (1) | さだまさし (39) | たま (3) | アリスン・ウィリアムズ (1) | アレクサンドル・グラツキー (1) | オユンナ (1) | ガリー・バレンシアーノ (1) | サイモン&ガーファンクル (37) | シンディ・ローパー (38) | ・・・アマゾンへ


1991年(平成3年) 第42回 紅白歌合戦 ♬ 1991年(平成3年) 第42回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●山川静夫 | 浅野ゆう子 | 堺正章 【 ヤマカワシズオ/アサノユウコ/サカイマサアキ 】 ●出場アーティスト »  KAN (10) | Mi-Ke (8) | SMAP (39) | X JAPAN (12) | さだまさし (39) | とんねるず (2) | アンディ・ウィリアムス (80) | サラ・ブライトマン (20) | ザ・ベンチャーズ (108) | スモーキー・マウンテン (1) | チェッカーズ (19) | ・・・アマゾンへ


1992年(平成4年) 第43回 紅白歌合戦 ♬ 1992年(平成4年) 第43回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●山川静夫 | 石田ひかり | 堺正章 【 ヤマカワシズオ/イシダヒカリ/サカイマサアキ 】 ●出場アーティスト »  GAO (3) | Mi-Ke (8) | SMAP (39) | X JAPAN (12) | さだまさし (39) | イルカ (5) | チェッカーズ (19) | デューク・エイセス (34) | ドリームズ・カム・トゥルー (38) | リンドバーグ (8) | 中山美穂 (14) | ・・・アマゾンへ


1993年(平成5年) 第44回 紅白歌合戦 ♬ 1993年(平成5年) 第44回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●森田美由紀 | 石田ひかり | 堺正章 【 モリタミユキ/イシダヒカリ/サカイマサアキ 】 ●出場アーティスト »  GAO (3) | J-WALK (3) | SMAP (39) | X JAPAN (12) | いしだあゆみ (13) | さだまさし (39) | オルケスタ・デ・ラ・ルス (14) | ザ・ブーム (12) | チューブ (5) | ドリームズ・カム・トゥルー (38) | 中山美穂 (14) | ・・・アマゾンへ



1995年(平成7年) 第46回 紅白歌合戦 ♬ 1995年(平成7年) 第46回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●宮本隆治 | 上沼恵美子 | 古舘伊知郎 【 ミヤモトリュウジ/カミヌマエミコ/フルタチイチロウ 】 ●出場アーティスト »  EAST END + YURI (2) | SMAP (39) | TOKIO (38) | TRF (11) | さだまさし (39) | シャ乱Q (9) | ドリームズ・カム・トゥルー (38) | 三船和子 (2) | 中村美律子 (17) | 五木ひろし (76) | 伍代夏子 (27) | ・・・アマゾンへ


1996年(平成8年) 第47回 紅白歌合戦 ♬ 1996年(平成8年) 第47回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●宮本隆治 | 松たか子 | 古舘伊知郎 【 ミヤモトリュウジ/マツタカコ/フルタチイチロウ 】 ●出場アーティスト »  globe (10) | SMAP (39) | TOKIO (38) | TRF (11) | さだまさし (39) | ウルフルズ (18) | シャネルズ (ラッツ&スター) (12) | シャ乱Q (9) | ジュディ・アンド・マリー (16) | ドリームズ・カム・トゥルー (38) | 中村美律子 (17) | ・・・アマゾンへ


1997年(平成9年) 第48回 紅白歌合戦 ♬ 1997年(平成9年) 第48回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●宮本隆治 | 和田アキ子 | 中居正広 【 ミヤモトリュウジ/ワダアキコ/ナカイマサヒロ 】 ●出場アーティスト »  Every Little Thing (17) | GLAY (16) | MAX (21) | SMAP (39) | SPEED (8) | T.M.Revolution (9) | TOKIO (38) | X JAPAN (12) | さだまさし (39) | シャ乱Q (9) | ドリームズ・カム・トゥルー (38) | ・・・アマゾンへ


1998年(平成10年) 第49回 紅白歌合戦 ♬ 1998年(平成10年) 第49回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●宮本隆治 | 久保純子 | 中居正広 【 ミヤモトリュウジ/クボジュンコ/ナカイマサヒロ 】 ●出場アーティスト »  DA PUMP (7) | Every Little Thing (17) | GLAY (16) | globe (10) | Kiroro (9) | LUNA SEA (9) | MAX (21) | SMAP (39) | SPEED (8) | T.M.Revolution (9) | TOKIO (38) | ・・・アマゾンへ


1999年(平成11年) 第50回 紅白歌合戦 ♬ 1999年(平成11年) 第50回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●宮本隆治 | 久保純子 | 中村勘九郎 【 ミヤモトリュウジ/クボジュンコ/ナカムラカンクロウ 】 ●出場アーティスト »  19 (ジューク) (6) | DA PUMP (7) | Every Little Thing (17) | GLAY (16) | globe (10) | Kiroro (9) | MAX (21) | Sans Filtre (1) | SMAP (39) | Something ELse (4) | SPEED (8) | ・・・アマゾンへ


2000年(平成12年)第51回 紅白歌合戦 ♬ 2000年(平成12年)第51回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●宮本隆治 | 久保純子 | 和泉元彌 【 ミヤモトリュウジ/クボジュンコ/イズミモトヤ 】 ●出場アーティスト »  19 (ジューク) (6) | aiko (18) | DA PUMP (7) | Every Little Thing (17) | hitomi (5) | MAX (21) | SMAP (39) | TOKIO (38) | Whiteberry (5) | さだまさし (39) | アリス (13) | ・・・アマゾンへ


2001年(平成13年)第52回 紅白歌合戦 ♬ 2001年(平成13年)第52回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●三宅民夫 | 有働由美子 | 阿部渉 【 ミヤケタミオ/ウドウユミコ/アベワタル 】 ●出場アーティスト »  DA PUMP (7) | Every Little Thing (17) | Gackt (6) | Kiroro (9) | MAX (21) | Re:Japan (2) | TOKIO (38) | ZONE (7) | えなりかずき (1) | さだまさし (39) | ウルフルズ (18) | ・・・アマゾンへ


2002年(平成14年) 第53回 紅白歌合戦 ♬ 2002年(平成14年) 第53回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●三宅民夫 | 有働由美子 | 阿部渉 【 ミヤケタミオ/ウドウユミコ/アベワタル 】 ●出場アーティスト »  BEGIN (32) | BoA (14) | DA PUMP (7) | Every Little Thing (17) | Gackt (6) | hitomi (5) | KICK THE CAN CREW (1) | RAG FAIR (9) | SMAP (39) | TOKIO (38) | w-inds (8) | ・・・アマゾンへ


2003年(平成15年) 第54回 紅白歌合戦 ♬ 2003年(平成15年) 第54回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●武内陶子|有働由美子|膳場貴子|阿部渉|高山哲哉 【 タケウチトウコ/ウドウユミコ/ゼンバタカコ/アベワタル/タカヤマテツヤ 】 ●出場アーティスト »  175R (3) | aiko (18) | BEGIN (32) | BoA (14) | Every Little Thing (17) | EXILE (43) | Gackt (6) | SMAP (39) | TOKIO (38) | w-inds (8) | ZONE (7) | ・・・アマゾンへ


2004年(平成16年)第55回 紅白歌合戦 ♬ 2004年(平成16年)第55回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●堀尾正明 | 小野文恵 | 阿部渉 【 ホリオマサアキ/オノフミエ/アベワタル 】 ●出場アーティスト »  aiko (18) | BoA (14) | Every Little Thing (17) | EXILE (43) | Gackt (6) | nobodyknows+ (1) | ORANGE RANGE (13) | Ryu (9) | TOKIO (38) | W(ダブルユー) (2) | w-inds (8) | ・・・アマゾンへ


2005年(平成17年)第56回 紅白歌合戦 ♬ 2005年(平成17年)第56回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●みのもんた|山根基世|仲間由紀恵|山本耕史 【 ミノモンタ/ヤマネモトヨ/ナカマユキエ/ヤマモトコウジ 】 ●出場アーティスト »  AI (17) | aiko (18) | BoA (14) | D-51 (3) | Def Tech (3) | m-flo (8) | SMAP (39) | T.M.Revolution (9) | TOKIO (38) | w-inds (8) | WaT (4) | ・・・アマゾンへ


2006年(平成18年)第57回 紅白歌合戦 ♬ 2006年(平成18年)第57回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●三宅民夫|黒崎めぐみ|仲間由紀恵|中居正広 【 ミヤケタミオ/クロサキメグミ/ナカマユキエ/ナカイマサヒロ 】 ●出場アーティスト »  aiko (18) | Aqua Timez (6) | BoA (14) | BONNIE PINK (23) | DJ OZMA (3) | mihimaru GT (10) | ORANGE RANGE (13) | SEAMO (2) | SMAP (39) | TOKIO (38) | w-inds (8) | ・・・アマゾンへ


2007年(平成19年) 第58回 紅白歌合戦 ♬ 2007年(平成19年) 第58回 紅白歌合戦

  【 司会者 】
 ●松本和也|住吉美紀|中居正広|笑福亭鶴瓶 【 マツモトカズヤ/スミヨシミキ/ナカイマサヒロ/ショウフクテイツルベ 】 ●出場アーティスト »  aiko (18) | AKB48 (26) | Berryz工房 (3) | BoA (14) | EXILE (43) | Gackt (6) | mihimaru GT (10) | SMAP (39) | TOKIO (38) | w-inds (8) | WaT (4) | ・・・アマゾンへ




  • ■ 鳥羽一郎

     <解説>  鳥羽 一郎(とば いちろう、本名:木村 嘉平 - きむら よしひら、1952年4月25日 - )は、日本の演歌歌手である。鳥羽音楽事務所所属。血液型はB型。身長170cm。作曲家・船村徹門下出身。門下生で作る「船村徹同門会」では会長を務める。 略歴・人物 三重県鳥羽市石鏡町出身。父は漁師、母は海女という漁業一家に生まれた。5年間、遠洋漁船の船員としてパナマやインド洋までマグロやカツオの捕獲に従事。海が荒れれば命さえ落としかねない厳しい環境での心の慰めは、『別れの一本杉』『なみだ船』といった船村徹の作品だった。 一度は板前を志し、調理師免許も取得したが、実弟・山川豊の東京での活躍もあり、もともと抱いていた歌手への想いを断ち切れず27歳で上京。かねてから憧れの存在であった船村に弟子入りし、3年間の修行生活を経て1982年、出身地に由来する芸名をつけて『兄弟船』で歌手デビュー。デビュー時のキャッチフレーズは「潮の香りが似合う男」。「海の男」という、それまで殆ど取り上げられなかった独自の路線を開拓して、その年の新人賞を総なめにする。

<アーティスト名索引>