齋藤純一 » 齋藤純一amazonアーティストページ

齋藤純一|カバーソングとオリジナルソング一覧[アーティスト特設ページ] 齋藤純一



▼  カバーソング一覧  ▼


Sailing ♬ Sailing

  【 セイリング 】
 ●Sutherland Brothers 【 サザーランド・ブラザーズ 】
【原曲+カバーアーティスト】  Adrian Brett (6) | Arto Sotavalta (1) | AVID All Stars (3) | Baby Jane (2) | Black Lace (4) | Carlotto (1) | Cucciolo già Dik Dik (1) | Declan (5) | Dik Dik (2) | Erik Berglund (10) | Etta Cameron (10) | ・・・アマゾンへ



となりのトトロ ♬ となりのトトロ

  【 tonari no totoro 】
 ●井上あずみ 【 イノウエ アズミ 】
【原曲+カバーアーティスト】  All That Jazz (41) | Carl Orrje (4) | GET WARM (2) | Grace of The Earth (11) | HAPPY-SYNTHESIZER (2) | Kazumi Tateishi (7) | MIOSIC (9) | SWING ALL STARS (4) | Wave 6 (3) | グループループ (37) | ジブリ (34) | ・・・アマゾンへ


Hard Luck Woman ♬ Hard Luck Woman

  【 ハード・ラック・ウーマン 】
 ●KISS 【 キッス 】
【原曲+カバーアーティスト】  Ginger (2) | Glucose (8) | Jeff Watson (1) | Jetboy (1) | KISS (キッス) (60) | Rockabye Baby! (6) | Ron Young (1) | Silent Jazz Case (5) | Vitamin String Quartet (235) | 中山加奈子 (2) | 秋山公良 (21) | ・・・アマゾンへ


タイム・アフター・タイム ♬ タイム・アフター・タイム

  【 タイム・アフター・タイム 】
 ●Cyndi Lauper 【 シンディ・ローパー 】
【原曲+カバーアーティスト】  2Late (1) | 8-Bit Arcade (44) | 80’s Re-mixers (12) | Aiza Seguerra (4) | Alan Frew (3) | Alex Goot (47) | Allison Crowe (18) | Alyssa Michalsky (4) | Amber Gerard (1) | amin (12) | Andree Watters (5) | ・・・アマゾンへ


冬が来る前に ♬ 冬が来る前に

  【 fuyu ga kurumaeni 】
 ●紙ふうせん 【 カミフウセン 】
【原曲+カバーアーティスト】  コール・フロイント (1) | ビリケン (3) | ヤスミン (3) | ヴォーチェ・アンジェリカ (5) | 中森明菜 (109) | 中澤裕子 (6) | 松浦亜弥 (21) | 立原累 (1) | 紙ふうせん (1) | 齋藤純一 (5) | ・・・アマゾンへ


  • ■ 齋藤純一

     <解説>  齋藤 純一(さいとう じゅんいち、1958年 - )は、日本の政治学者、早稲田大学政治経済学術院教授。専門は、政治理論・政治思想史。藤原保信門下。「九条科学者の会」呼びかけ人を務めている。 1988年 早稲田大学大学院政治学研究科博士課程単位取得退学 1988年 横浜国立大学経済学部助教授 1994年 プリンストン大学客員研究員(1995年まで) 2000年 横浜国立大学経済学部教授 2004年 早稲田大学政治経済学術院教授 著書 単著 『公共性』(岩波書店, 2000年) 『自由』(岩波書店, 2005年) 『政治と複数性――民主的な公共性にむけて』(岩波書店, 2008年) 共著 (姜尚中・杉田敦・高橋哲哉)『思考をひらく――分断される世界のなかで』(岩波書店, 2002年) (伊豫谷登士翁・吉原直樹)『コミュニティを再考する』(平凡社新書, 2013年) 編著 『親密圏のポリティクス』(ナカニシヤ出版, 2003年) 『講座福祉国家のゆくえ(5)福祉国家/社会的連帯の理由』(ミネルヴァ書房, 2004年) 『自由への問い(1)社会統合――自由の相互承認に向けて』(岩波書店, 2009年) 『公共性をめぐる政治思想』(おうふう, 2010年) 『公共性の政治理論』(ナカニシヤ出版, 2010年) 『講座人権論の再定位(5)人権の実現』(法律文化社、2011年) 『政治の発見(3)支える――連帯と再分配の政治学』(風行社, 2011年) 『岩波講座政治哲学5 理性の両義性』(岩波書店, 2014年) 共編著 (藤野寛)『表現の〈リミット〉』(ナカニシヤ出版, 2005年) (山岡龍一) 『公共哲学』(放送大学教育振興会, 2010年) (須賀晃一)『政治経済学の規範理論』(勁草書房, 2011年) (宮本太郎・近藤康史)『社会保障と福祉国家のゆくえ』(ナカニシヤ出版, 2011年) (田村哲樹) 『アクセス デモクラシー論』(日本経済評論社, 2012年) 訳書 ハンナ・アーレント『過去と未来の間――政治思想への8試論』(みすず書房, 1994年) ウィリアム・E・コノリー『アイデンティティ\差異――他者性の政治』(岩波書店, 1998年) リチャード・ローティ『偶然性・アイロニー・連帯――リベラル・ユートピアの可能性』(岩波書店, 2000年) ハンナ・アーレント(ジェローム・コーン編)『アーレント政治思想集成(1・2)』(みすず書房, 2002年) マイケル・ウォルツァー『政治と情念――より平等なリベラリズムへ』(風行社, 2006年) ジョン・ロールズ 『政治哲学史講義』Ⅰ・Ⅱ(岩波書店, 2011年)  マイケル・ウォルツァー 『政治的に考える』(風行社, 2012年) ハンナ・アーレント 『アイヒマン論争 ユダヤ論争2』(みすず書房, 2013年) 外部リンク 教員紹介(早稲田大学 大学院 政治学研究科) 齋藤純一(早稲田大学研究者データベース) 脚注 ==。



<アーティスト名索引>