デヴィッド・サンボーン » デヴィッド・サンボーンamazonアーティストページ

デヴィッド・サンボーン|カバーソングとオリジナルソング一覧[アーティスト特設ページ] デヴィッド・サンボーン



▼  カバーソング一覧  ▼


Saint Louis Blues ♬ Saint Louis Blues

  【 セント・ルイス・ブルース 】
 ●Ciro's Club Coon Orchestra 【 シローズ・クラブ・クーン・オーケストラ 】
【原曲+カバーアーティスト】  101ストリングス・オーケストラ (73) | Adonis Rose (3) | Akiko Tsuruga (3) | Al Bernard (1) | Al Bowlly (4) | Al Stricker (1) | Allan Vaché (11) | Alton Purnell (4) | Andy Kirk (1) | Antigua jazz Band (1) | Armand Hug (1) | ・・・アマゾンへ



Come Rain or Come Shine ♬ Come Rain or Come Shine

  【 降っても晴れても/ミュージカル「St. Louis Woman」 】
 ●Ruby Hill 【 ルビー・ヒル 】
【原曲+カバーアーティスト】  Alan Farrington (3) | Allan Harris (11) | Amanda Ambrose (4) | Ann Crumb (3) | Annaleigh Ashford (7) | Anne Ducros (21) | Ari Ambrose (3) | Arthur Prysock (14) | Audrey Lavine (1) | B.B.キング (83) | Banu Gibson (28) | ・・・アマゾンへ


You Don’t Know Me ♬ You Don’t Know Me

  【 ユー・ドント・ノウ・ミー 】
 ●Eddy Arnold 【 エディ・アーノルド 】
【原曲+カバーアーティスト】  Andy Lee Lang (84) | B.B.キング (83) | Barbara Blue (6) | Bill Keale (2) | Bluesiana Hot Sauce (2) | Bob Rowe (4) | Christopher West (8) | Colm Wilkinson (2) | Dennis Marsh (2) | Eddie Money (10) | Garry Hagger (6) | ・・・アマゾンへ


Smile (モダンタイムズのテーマ) ♬ Smile (モダンタイムズのテーマ)

  【 スマイル 映画「モダン・タイムズ」 】
 ●Alfred Newman 【 アルフレッド・ニューマン 】
【原曲+カバーアーティスト】  Akiko (42) | Alfred Newman (1) | Amy Cervini (3) | Angèle Dubeau (3) | Anne Nolan (3) | Anu Hälvä (6) | Avishai Cohen (1) | Barbara Cook (10) | Barbi Benton (1) | Benjamin Koppel (1) | Bettina Krenosz (2) | ・・・アマゾンへ


THIS MASQUERADE ♬ THIS MASQUERADE

  【 ディス・マスカレード 】
 ●Leon Russell 【 レオンラッセル 】
【原曲+カバーアーティスト】  After 4 (1) | Akiko (42) | Allan Johnson (2) | Anthony Arizaga (6) | Artett (1) | Barb Jungr (30) | Ben Sher (1) | Blue Valentine (4) | Bonnie J Jensen (8) | Cecilia Dale (17) | Connye Florance (4) | ・・・アマゾンへ




  • ■ デヴィッド・サンボーン

     <解説>  『デイヴィッド・サンボーン』より : デイヴィッド・サンボーン(David Sanborn、1945年7月30日 - )はジャズ・フュージョン界で活躍するサックス白人奏者であり、彼の活躍はスムーズ・ジャズへの影響も深い。ユニークで渋みのあるファンキーなプレイが特徴。歌うように奏でるその音色は「泣きのサンボーン」とも呼ばれる。 バイオグラフィ 1945年7月30日、フロリダ州タンパで生まれ、子供の頃セントルイスに移る。幼少より小児麻痺にかかり、医師の勧めでリハビリを兼ねてサックスをやり始めた。ブルースやジャズに影響され才覚を育てたサンボーンは、10代半ばにはアルバート・キングとも競演した。様々なミュージシャンとセッションをこなし、1975年、ワーナー・ブラザーズと契約し、『Taking Off』でデビューした。 1978年、ピアニスト深町純が中心となり、マイク・マイニエリ、ブレッカー・ブラザーズ、スティーヴ・ガッド、リチャード・ティー等が参加した「ニューヨーク・オールスターズ」にも参加した。

<アーティスト名索引>