リトル・フィート » リトル・フィートamazonアーティストページ

リトル・フィート|カバーソングとオリジナルソング一覧[アーティスト特設ページ] リトル・フィート



▼  カバーソング一覧  ▼


Willing (Johnny Darrell) ♬ Willing (Johnny Darrell)

  【 ウィリング 】
 ●Johnny Darrell 【 ジョニー・ダレル 】
【原曲+カバーアーティスト】  Andy Trinkler (5) | Commander Cody (9) | David Dondero (5) | Griff Steel (9) | Jim Yeomans (1) | Jimmy Carl Black (3) | Johnny Darrell (6) | Lana Wolf (3) | Matthew Sweet (5) | Phil Beer (4) | Robyn Spangler (6) | ・・・アマゾンへ



This Land Is Your Land ♬ This Land Is Your Land

  【 ディス・ランド・イズ・ユアー・ランド 】
 ●Woody Guthrie 【 ウディ・ガスリー 】
【原曲+カバーアーティスト】  Bellavente Wind Quintet (1) | Bernie Sanders (1) | Bob Forrest (6) | Dalida (45) | Glenn Yarbrough (8) | Jimmy LaFave (28) | Joel Harrison (12) | Jonatha Brooke (3) | Liz Madden (8) | Mike Curb Congregation (4) | Mormon Tabernacle Choir (7) | ・・・アマゾンへ


ON YOUR WAY DOWN ♬ ON YOUR WAY DOWN

  【 オン・ユア・ウェイ・ダウン 】
 ●Allen Toussaint 【 アラン・トゥーサン 】
【原曲+カバーアーティスト】  Maria Doyle Kennedy (3) | アラン・トゥーサン (23) | エルヴィス・コステロ (105) | トロンボーン・ショーティ (2) | リトル・フィート (5) | ・・・アマゾンへ


SAILIN’ SHOES ♬ SAILIN’ SHOES

  【 セイリン・シューズ 】
 ●Little Feat 【 リトル・フィート 】
【原曲+カバーアーティスト】  Big Band Splash (1) | Blue Dogs (5) | Dogtones (3) | Doug Prescott Band (1) | George Porter (1) | Jakob Norgren (2) | Valerie Carter (3) | Van Dyke Parks (3) | ランディ・ニューマン (12) | リトル・フィート (5) | ロバート・パーマー (22) | ・・・アマゾンへ


Lowell George ♬ Lowell George

  【 ローウェルジョージ・トリビュート 】
 ●Lowell George 【 ローウェル・ジョージ 】 ●アーティスト »  J.D. Souther (13) | イナラ・ジョージ (1) | クリス・ヒルマン (3) | ジャクソン・ブラウン (45) | タジ・マハール (46) | フィル・ペリー (15) | ボトル・ロケッツ (1) | ボニー・レイット (43) | ランディ・ニューマン (12) | リトル・フィート (5) | ローウェル・ジョージ (4) | ・・・アマゾンへ


  • ■ リトル・フィート

     <解説>  リトル・フィート (Little Feat)は、1969年に結成されたアメリカのロック・バンド。ニューオーリンズR&B、ブルース、カントリー、ジャズなど、アメリカン・ルーツ・ミュージックの影響を色濃く押し出しているサウンドが特長。 解散、再結成を経て、結成以来40年近く経った現在も活動を続けている息の長いバンドである。 ローウェル・ジョージ時代 1969年、フランク・ザッパのマザーズ・オブ・インヴェンションのメンバーだったローウェル・ジョージ(スライド・ギター、ヴォーカル)、ロイ・エストラーダ(ベース)を中心にロサンゼルスで結成。2枚のアルバムを発表したが、商業的成功には結びつかず、キャプテン・ビーフハートのサポートに専念するためにエストラーダが脱退し、解散寸前の危機的状況に陥る。 エストラーダの後任としてケニー・グラッドニーが加入し、新たにポール・バレア(ギター、ヴォーカル)、サム・クレイトン(パーカッション)をメンバーに迎え、ようやく持ち直す。